080-4891-4759

ブログ

2019/05/30(木)

深谷市でぎっくり腰がなかなか良くならないことにお悩みのあなたへ【セルフケアあり】

カテゴリー:ぎっくり腰, セルフケア, 腰痛

 

ぎっくり腰をしてから腰痛がなかなか良くならない・・・

 

年一でぎっくり腰になっているので、いい加減どうにかしたい・・・

 

将来は手術をしなくてないけないかもしれないと考えると不安・・・

 

そんな「ぎっくり腰がなかなか良くならないことにお悩みのあなたへ」お伝えしたいことがあります。

 

まずブログの信用性の担保として私の紹介をさせていただきたいと思います。

 

主に「国家資格である鍼灸師・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー・赤十字救急法救命員」の資格を持って活動させてもらっています。

 

鍼灸師としては接骨院や治療院で、述べ25000人以上の施術、アスレティックトレーナーとしては高校の部活動やプロ野球の春季キャンプなどで活動してきました。

 

 

 

◾️目次

1、ぎっくり腰がなかなか良くならないことにお悩みのあなたへ

1−1、ぎっくり腰になるプロセス

1−2、ぎっくり腰が良くならない原因

1−3、簡単な改善方法

 

2、合わせてやってほしいこと

2−1、その他の原因

2−2、簡単な改善方法

 

 

⬜︎ぎっくり腰がなかなか良くならないことにお悩みのあなたへ

 

◇ぎっくり腰になるプロセス

 

ぎっくり腰がなかなか良くならないことにお悩みのあなたへ

1回は経験のある方が多いぎっくり腰。

まずはぎっくり腰がどのようなものかをご紹介していきます。

ぎっくり腰は主に3種類に分けられます。

一つは筋・筋膜性のぎっくり腰です。これは筋肉が原因で起こるぎっくり腰になります。腰全体に痛みが出ることや、特に思い当たる原因もなく痛みが出てくることが特徴です。

二つ目は、椎間関節性のぎっくり腰です。これは一つ一つの背骨を連結している椎間関節という関節で炎症が起き、強い痛みが起こってしまうぎっくり腰です。指一本で痛みの場所が示せるような、ピンポイントでの痛みが特徴です。また、皆様がイメージする、重いものを持って急に痛みが出るようなぎっくり腰は、この椎間関節性のものになります。

三つ目は、靭帯性のぎっくり腰です。これは骨と骨を繋いでいる靭帯が損傷してしまうことによって起こるぎっくり腰です。

 

一番原因として多いのが、筋・筋膜性のぎっくり腰です。

なぜなら、問題となる部分が多岐にわたり、腰だけに問題があるだけでなく、全身に原因があることが少ないからです。

私の臨床経験上、6〜7割はこのタイプになります。

そのためたくさん原因があり、なかなか調子が良くならない・・・という人が多いです。

その反面しっかりとした施術をするれば、すぐに改善していくものでもあります。

二つ目の椎間関節性のぎっくり腰や三つ目の靭帯性のぎっくり腰は、痛みが炎症によるため、基本的に安静が一番です。炎症が収まれば、それにつれて痛みも引いていきます。ただし、炎症性の痛みは炎症が落ち着いてくるのに2週間以上かかることも多く、すぐに改善するものではないことに注意してください。

 

そして、原因が多岐にわたる筋・筋膜性の腰痛ですが、これに至るプロセスは筋肉の疲労(使い過ぎ)です。

お仕事や日常生活において、酷使された筋肉疲労が積み重なり、ある時に腰に強い痛みとして出てきてしまいます。デスクワークなど、同じ姿勢を続けることが多い仕事をされている人ほど、起こりやすくなってきます。ですのでこういった腰痛の方は、腰だけでなく痛みが背中に出る人や首に出る方もいます。いわゆるぎっくり腰だけでなく、ぎっくり背中、ぎっくり首と呼んでも過言ではありません。

◇ぎっくり腰が良くならない原因

 

ぎっくり腰をしてから、3ヶ月経つのになかなか痛みが取りきれない・・・。

筋・筋膜性の腰痛が原因の人でなかなか良くならない一番大きな原因は、実は非常に単純です。

それは痛みが全身の筋肉疲労からおきている事を考えていないからです。

例として、デスクワークを長時間される人は首や肩が凝るかと思います。

いわゆる肩こりです。

デスクワークが原因で首や肩の筋肉疲労が重なり、これによってぎっくり腰になることもあります。

この時の筋肉疲労は首肩ですが、痛みは腰に出ます。

しかし、原因は腰ではありません。何度もいうようですが、首肩のコリです。

こういった人は、首や肩のコリを取らないと、腰痛は良くなりません。

これがぎっくり腰が良くならない大きな原因です。

人によっては、首や肩でなく、腕の人もいます、足の人もいます。全部が原因になっている場合もあります。

それをしっかりと考え、改善していく事で、腰痛はなくなっていきます。

 

◇簡単な改善方法

 

筋・筋膜性のぎっくり腰の方で、非常に原因となりやすい一つの部分としては、足になります。

人間は2足歩行になりますので、足の問題は特に様々な影響を与えます。

その中で、足の内側が硬くなることによるぎっくり腰が多いです。

まずは「後脛骨筋」という筋肉のセルフケアです。

 

 

続いて「内側広筋」「内転筋」のセルフケアです。

 

人によっては非常に痛い部分ですが、足の内側の硬さを丁寧に改善してみてください。

これだけで、大きく変化が出る場合もあります。

⬜︎合わせてやってほしいこと

 

 

◇その他の原因

 

足だけでなく首の問題からも、痛みがなかなか取れないことに繋がっていきます。

特に首の付け根にある「後頭下筋」という筋肉の硬さが原因になりやすいです。

動き出しや、寝返り、腰をひねる時に痛みが出るような方は、ここのケアをしっかりとやってみてください。

 

◇簡単なセルフケア

 

「後頭下筋」のセルフケアです。

硬いところや痛いところを目安に、やってみてください。

 

 

 

⬜︎まとめ

 

なかなか良くならないぎっくり腰に関しての概要をまとめてみました。

ぎっくり腰の問題は、単純に腰だけではありません。

ですので放っておいて良くなることはほとんどありません。

そして痛みは引いてきても、しっかりと治さなければまた再発するリスクが非常に高いです。

その事を意識していないと、将来的に動けなくなり、何ヶ月も療養が必要な状況になってしまいます。

そうならないように、ぜひ今からしっかりとケアをしてみてください。

 

 

◆腰痛を本気で改善したいあなたへ

 

ブログを見ていただけた「あなただけ」に特別価格のご提案です。

辛いその腰痛を改善したい方へ

 

初回カウンセリング+施術時間の50~60分が

ブログのみの初回限定価格

1980円

※通常初回料金10,000円(初診料2,000円+施術料8,000円)

 

なぜ、初回1980円なのか?

今まで私は数多くの腰痛で悩む方を見てきました。

そして皆様に共通しているのが、その痛みのせいで、仕事や日常生活にストレスを抱えていることです。

また、このままいったら将来手術しなければいけないのだろうか・・・と不安に思っている方も多く見受けられました。

そんなあなたに、伝えたいことがあります。

腰痛は改善する可能性があります。

あなたが本当に改善したいという気持ちがあるのであれば、勇気を出して1歩踏み出して下さい。

あなたの「腰痛」を改善する為に全力で施術致します。

本気で改善したいと思う方は、今すぐお電話下さい!

 

080−4891−4759

 

「はい、こちら整体院 枇杷です!」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

LINEだけで公開!

腰痛だけでなく、膝の痛みなど役に立つ情報もご紹介!

友だち追加

 

 

熊谷市、深谷市、行田市で腰痛の改善を諦めている方は
今すぐこちらまで
↓↓
熊谷市の「腰痛」専門
整体院 枇杷-Biwa-

https://seitai-biwa.com

080-4891-4759

 

 

 

 

7月19日 (日)
初回限定割引は → 残り2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4891-4759

【受付時間】9時~21時(木曜日 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。